メルマガ

毎日読むだけであなたの成功指定席へ一歩近づく  夢実現と癒しのスペシャリスト 望月俊孝の幸せのレッスン

卓球から学んだこと

LINEで送る

こんにちは

望月俊孝です。

 

本日は「卓球から学んだこと」を投稿しました。

2044

昔、卓球に熱中していました。

僕が卓球を始めた時には、 日本が世界の頂点に君臨していました。

長谷川信彦選手、伊藤繁雄選手、 河野選手などがご活躍され、

それぞれ世界チャンピオンになっていました。

 

その少し先輩に当たる 伝説の世界チャンピオンに

荻村伊智朗選手という方が いらっしゃいました。

自伝をむさぼるように読んだものです。

氏は卓球を称してこんなことを言っています。

「卓球は100メートル競走しながら

チェスをするようなスポーツだ」と。

なかなか的を射た言葉だなと思います。

スポーツは多くがその要素を持っていると思いますが、

瞬時の判断が勝負を決めるスポーツでした。

そんなことも何かと役立っているような気がします。

 

それともう一つ。

卓球はとってもメンタルなスポーツのところがあります。

ある意味、心理戦で勝負が決まるところもあるのです。

試合の流れを見ると、、、。

 

そんな時、ダメージを受けた時に表情に現れると 決定打になってしまうことがあるのです。

とはいえ、たった2-3メートルを隔てての 表情の読み取りなのですが、

相手の表情だけではなく、 全体の雰囲気を読むことなども行っていました。

 

これは、後々のクライアントさんや お客様の表情や気を読むことと

結構つながっているのかも知れませんね。

望月 俊孝

望月 俊孝

夢実現と癒しのスペシャリスト 望月俊孝です。 夢を叶える宝地図提唱者 レイキ・ティーチャー(国際レイキ普及協会協会・理事長) エネルギー・マスター 提唱者 フォトリーディング(R)・インストラクター

毎日読むだけであなたの成功指定席へ一歩近づく  夢実現と癒しのスペシャリスト 望月俊孝の幸せのレッスン
お名前(姓)
メールアドレス